フィッシングコンテストの現状と課題を考える!

ぜひぜひクリックおねがいします!

第4回フィッシングコンテスト「イセエビグランプリ」開催中です!

冒険者の広場より

 

開催期間は5月8日(水)の12時~5月19日(日)の11時59分まで

大会中限定で釣れる「旬のイセエビ」「旬の黄金イセエビ」を釣り上げることで、

  • 「最大」「最小」の各『ランクイン報酬』
  • 個人報酬の『サイズ別報酬』
  • 全体報酬の『大漁祭』

以上、それぞれの報酬を獲得することができます!

イベント案内の手紙についてくる「釣り師の衣装」の
レンタル衣装券
も忘れずに入手しましょう♪

 

 

釣り師エスティアの釣果は?

とりあえずサイズ別報酬のコンプリートまでは釣ってきたので、現時点での釣果を公開してみたいと思います!

  • 「最大」ランキング
  • 「最小」ランキング

ちなみに、どちらとも箸にも棒にも掛からないランク外ですw

上も下もはるか遠くて手が届きません・・・

 

いちおう「旬の黄金イセエビ」は釣れました!

 

 

盛り上がりはどうなのか?

今回「旬のイセエビ」が釣れる釣り場は以下の3カ所です。

  • ウェナ諸島・ミューズ海岸(ジュレットの町から)
  • プクランド大陸・チョッピ荒野(荒野の休息所から)
  • ドワチャッカ大陸・ゴブル砂漠西(商人たちのテントから)

イベント初日~翌日くらいは、各サーバー各釣り場ともに結構混雑していました。

次々と海から赤や金のイセエビが打ち上げられる様はなかなか壮観でした。

プレイヤーが二極化している?

とはいえ、3日目、4日目と経過していくと徐々に盛り上がりも落ち着いてしまったようです。

もちろん、ランクイン大漁祭(全体報酬)の目標達成を目指してひたすら竿を出し続けているプレイヤーもいらっしゃいます。(既に釣りざお30本分以上釣っている方もいるそうです!)

ですが、大半のプレイヤーは最初からランキング報酬をあきらめて、サイズ別報酬がすべてもらえる1,300cm以上が釣れた時点でイベントから離脱してしまう方が多いようです。

・・・まあ、私もそうなんですけどね。

「サイズ別報酬のコンプリート」「黄金イセエビを1匹釣る」というのを目標にしていましたが、初日に釣りざお2本分程度釣った時点でどちらも達成できたので、それからは釣っていません

 

(参考)サイズ別報酬の内容

ちなみに、個人報酬である「サイズ別報酬」の内容は以下の通りになります。

  • ( 600cm) ふくびき券 20枚
  • ( 650cm) おうち用の旬のスイカ 6個(家具)
  • ( 700cm) メダルがまぐち 5個
  • ( 750cm) お庭用の旬のスイカ 6個(庭具)
  • ( 800cm) スペシャルふくびき券 10枚
  • ( 850cm) 紫の錬金石 15個
  • ( 900cm) 白紙のカード 2個
  • ( 950cm) 宝珠の香水 4個
  • (1,000cm) 呼び寄せの筆 2個
  • (1,100cm) 紫の錬金石 25個
  • (1,200cm) 身代わりのコイン 4個
  • (1,300cm) エルフの飲み薬 3個

かなり豪華な内容なので、獲得する価値は高いと思われ!

 

フィッシングコンテストの問題点

ということで、プレイヤー間でかなりの温度差があると思われるこの「フィッシングコンテスト」の問題点はなんなのか、私なりに考えてみました。

賛否両論あると思いますので、
ここから先は参考程度に読んでくださいね!

 

単なる「無限ガチャ」になってしまっていること

結局のところ、大きいのが釣れるのも小さいのが釣れるのもすべて「運次第」です。

言ってしまえば「ガチャ」(ドラクエ的に言えば「ふくびき」なんですよね。

イベント期間内、時間が許す限り無限に引ける「釣りガチャ」を繰り返して、当たり(ランクインサイズ)を引いたら勝ち、ということです。

そのためにはとにかく試行回数を増やして当選確率を上げるということですが、あくまで運なので、1000回以上釣ってもランクインできない人もいれば、極論ですが最初の一投でランクインサイズを釣り上げて報酬がもらえる人もいるということになります。

考え方によっては誰でもランクインのチャンスがある、夢があるということになるのでしょうが、そこに理不尽さを感じてランキングを最初からあきらめる人は多いのではないでしょうか。

 

期間中継続して参加するプレイヤーが少ないこと

まあ、このイベントに限らずゲーム内のイベントにはほぼあてはまることかもしれませんが、イベント初日にプレイヤーが殺到して、翌日以降どんどん人が減って閑散としていく・・・というパターンが多いと思います。

今回のフィッシングコンテストのようなランキングイベントは特にその傾向が顕著に感じます。

「個人報酬だけでいい」という人はサイズ別報酬をコンプリートしたらランキングには見向きもしないでしょうから、どんなに広場で盛り上げても訴求効果がないんですよね。

一応、全プレイヤーの累計数で報酬がもらえる「大漁祭」という要素はありますが、必ずしも全体のモチベーションにはつながっていないように感じます。

やはり、多くのプレイヤーが期間中継続的に参加しようと思えるような仕組みは必要ではないかと思いました。

とはいえ、前回の「ファラオの隠し財宝」のように各霊廟の謎の開放時間をずらすことで物理的に参加期間を伸ばすというやり方はあまり良いことではないと感じます。

一方さらにその前のイースターイベントでは、クエストとは別に「エッグ集め」という要素がありました。

その中でも一定時間ごとにしか手に入らない「ゴールドエッグ」があり、そこからは低確率でレアアイテムの「金のナスビナーラ衣装券」 が入手できる可能性がある・・・というのがプレイヤーのコレクター欲をくすぐり、イベント期間中「エッグ集め」を日課にしていた人も多くいました。

こういった要素をフィッシングコンテストに取り入れることはできないかな、と思います。

 

キャラクターの釣りレベルが意味がないこと

フィッシングコンテスト中の「旬のさかな」は、釣りの難易度が低く、極端な話釣り解放クエストをクリアしたばかりのキャラクターでも釣り上げることが可能です。

これは、新規プレイヤーやサブキャラクターなど、誰でも気軽に参加できるという点や、釣りレベルが低いキャラクターがイベントを利用してレベル上げができるというメリットもありますが、逆に言うと普段の釣りで上げてきた釣りレベルがほとんど意味がないということになります。

ある程度、釣りレベルが釣果に反映される要素を検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

運要素を弱め、継続参加しようと思う仕組みを!

それでは、自分なりに考えてみた「改善点」について説明していきたいと思います。

 

①デイリーランキングを導入して活性化を図る

現在はイベント期間を通して一つのランキングになっています。

これを、一日ごとに区切って毎日リセットされる「デイリーランキング」にしてみるのはどうでしょうか。

そして、各日の「最大」「最小」ランキングのそれぞれ上位20人~30人に賞品が出るようにします。

こうすることでイベント全体が活性化すると思います。

現在のルールでもランクインするくらいの大物を釣れた人は、その日のランキングにもほぼ入れるはずなので、賞品をもらうことができます。

そうでない人についても、ランキングが毎日リセットされるので毎日チャンスがあることになります。

デイリーランキングならば、現在の通してのランキングならばランクインが難しいサイズの獲物でもひょっとしたらランクインの可能性が生まれます。

これによって、イベント最終日まで一定の参加者が見込め、盛り上がりも維持できるのではないかと考えます。

 

②「上位5匹の合計」にすることで運要素を軽減

これは前項の「デイリーランキング」とはまた別の視点となります。

現在は、「最大」「最小」のランキングともに「自分が釣り上げた最も大きい(小さい)個体」のサイズのみが記録され、ランキングに反映されています。

これを、ナツリに見せた際に「最大サイズ」「最小サイズ」のそれぞれ上位5匹までのサイズが記録されるようにして、最終的にはその上位(下位)5匹のサイズの合計でランキングを競うようにするのはどうでしょうか。

それにより、「運良くランクインサイズの獲物を1匹釣ることが出来ればそれで入賞確定」という状況がなくなり、ある程度は試行回数を重ねてベストな5匹を揃える必要が出てきます。

こうすることで、長く、多く釣り続けている人が報われやすくなりますし、「運ゲー」による理不尽さも少しは軽減されるのではないかと考えます。

 

③釣りレベルによる追加要素の導入

現在の仕様である「釣りレベルに関係なくすべてのプレイヤーに大物が釣れるチャンスがある」というのはこれはこれで良いとは思います。

ですが、それだと「何のための釣りレベルなの?」という声もあると思うので、ささやかな感じでもいいので「釣りレベルが高いことによる利得」があってもいいのではないでしょうか。

若干大物小物がかかりやすくなるとか、時々「良い獲物が狙えるけど、ある程度釣りレベルが高くないと太刀打ちが困難な厳しい当たり」に遭遇するなど。

従来通り、釣りレベルの低いプレイヤーにもチャンスはありますが、釣りレベルを上げておいた方が少し有利に競えるよ、ということです。

そうすることで、「もうすぐフィッシングコンテストがあるから釣りレベル上げておこうか」といったようなプレイヤーの動機付けもできると思います。

また、数をこなさなければならないイベントの性質上、イベントで用いる釣り具(旬の釣りざお・ルアー)については無料で使えるようにせざるを得ないとは思いますが、上記の仕様にすることで、イベント前・イベント中の釣りレベル上げのために釣り具の需要が生じ、若干ながら経済も回るという副次的効果も考えられます。

 

 

よろしければクリックおねがいします!

今後の改善に期待します!

長々とお付き合いいただきありがとうございました。

どうしても現在のシステムだと「個人報酬を取ってしまうまで」になってしまいがちなので、次回以降の開催で何らかのモチベーション対策を行ってもらえればと思っています!

全体的に、イベントの中身自体よりも「優勝賞品がイセエビの食品サンプル」というところが話題になっている印象がありますが、私はこれについてはそんなに違和感を感じなかったんですよね・・・

「ちょっと安易すぎる?」とは思いましたが、「本物の魚の詰め合わせ」よりはゲーム的かな、と思いました。

マンタプリズムはマジで欲しいんですけどね!!

 

 

クリックで応援よろしくおねがいします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください