今こそ再確認!メタル迷宮で使える範囲特技のまとめ!(バージョン5.0追記)

ぜひぜひクリックおねがいします!

メタル迷宮券について再確認しよう!

みなさーん!レベルあげやってますかー!


バージョン5.0アップデートを受けて、デスマスターの使用可能特技を追加しました。

4.5後期のアップデートで職業レベルの上限が108から110に解放されました。

2レベルという比較的小刻みな解放ですが、それでも全職業カンストさせようと思うとそれなりに大変です。

前もって溜め込んでおいた各職業の「経験値の古文書」で一気にカンストさせた強者も少なくないみたいですが、普通の人はフィールドでの狩りやメタキンコイン、メタル迷宮招待券でがっつりレベル上げしていることと思います。

今回はその中でも「メタル迷宮招待券」について、基礎知識や効率よく倒していくために必要な範囲特技などについて再確認してみることにします!

新規・復帰勢の人はもちろん、久しぶりにメタル迷宮券を使うって人もいっしょにおさらいしましょう!


メタル迷宮招待券の経験値効率

現在は「メタル迷宮招待券」「メタル迷宮ペア招待券」ともに入手できる経験値は同じです。

元気玉と経験値+30%の料理を併用すれば、1周(1枚)で約40万の経験値が入ります。

手際よく回れば元気玉1つで8~9周が可能で、玉給は320~360万になります。

メタキンコイン持ち寄りと比較してもあまり遜色ない数値ですね。

メタキンについては2匹出現の回数によって玉給が大きく跳ね上がりますが、メタル招待券については一人で気軽にレベル上げできるメリットがあります。(ペア招待券はまた別ですが)

アイテム1つあたりのコスパは、メタル迷宮ペア券の持ち寄りが最高みたいだよ!


メタルを一掃できる範囲特技の一覧

ブーメラン

メタル迷宮内では「会心ブースト」状態になるので、通常攻撃一発でメタル系モンスターを倒すことができます。

しかし、複数出現するシンボルがほとんどなので、通常攻撃だけでは逃がしてしまうことも多いです。(ブーメランやムチでの通常攻撃も会心が出るのは最初のヒットのみ)

では範囲攻撃特技ならどうでしょうか。

種類は限られますが、武器によっては会心が発生する範囲攻撃特技も存在します。

効率よく倒していくためには以下にまとめているこれらの特技を上手く使っていくことが重要になってきます!

武器別の対応範囲特技

※特技名の後の数値は習得に必要なスキルポイント

片手剣 ギガスラッシュ(100)
対応職業 戦士・バトルマスター・魔法戦士・占い師・遊び人
両手剣 ぶんまわし(35)
対応職業 戦士・バトルマスター・まもの使い
オノ オノむそう(100)
対応職業 戦士・レンジャー・まもの使い・デスマスター
ヤリ 狼牙突き(100)
対応職業 僧侶・パラディン・どうぐ使い
なぎはらい(42)
対応職業 僧侶・武闘家・旅芸人・占い師・デスマスター
ムチ 地ばしり打ち(76)
対応職業 魔法使い・盗賊・スーパースター・まもの使い・占い師
ハンマー ランドインパクト(100)
対応職業 バトルマスター・パラディン・どうぐ使い・遊び人
アゲハ乱舞(100)
対応職業 武闘家・旅芸人・スーパースター・踊り子・天地雷鳴士
ブーメラン パワフルスロー(35)・シャインスコール(58)
対応職業 レンジャー・賢者・どうぐ使い・遊び人
ロストスナイプⅢ(180以降にセット)
対応職業 魔法戦士・レンジャー・賢者・どうぐ使い
占い師・デスマスター
冥王のかま(13)
対応職業 デスマスター

 

一応各職業にひとつは対応した範囲特技があるんだね!


注意事項

  • チャージタイムがある特技は除いています。
  • 「狼牙突き」「地ばしり打ち」は前方に一直線の攻撃なので、立ち位置に注意しましょう。
  • 攻撃力が低すぎると(おおよそ150以下?)一撃で倒せない場合があります。
最後のメタキン軍団を倒すときは、ワンテンポ待って敵を引き寄せてから範囲特技を使うと一網打尽にできるわよ!


おわりに

ティータイム

「元気チャージはとりあえずメタル迷宮券に交換」という人も多いと思います。

レベル上限の解放時は、普段溜め込んでいるメタル迷宮券の絶好の使い時です!

ストーリーやクエストなどやることがたくさんですが、自分なりのペースで着実にレベリングしていきましょう!

この記事はトップページにもリンクしているから、必要なときに確認してね!


 

よろしければ、アンケートへのご回答とブログランキングの応援をお願いいたします!!

 

ブログランキング

 

 

クリックで応援よろしくおねがいします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください