「Vの一族」はアストルティアに必要?ドラクエ10と集英社の関係と弊害!

ぜひぜひクリックおねがいします!

いよいよあと1日!!

ついに明日、バージョン5が始まります!

ふくらむ期待とお祝いムードで盛り上がっていますが、そんな中であえてわたしは「バージョン4のうちにどうしても言っておきたいこと」を言ってしまいたいと思います!

エスティア
怒り納めじゃーい!!

程々にね・・・
フィリア



ドラクエ10に関わる企業

ドラクエ10のプロモーションにはいくつもの企業が関わっていますが、それに対するプレイヤーの評価というのは必ずしもポジティブなものだけではありません。

真っ先に挙がるのがDQXTVの放送に関わるニコ生(ドワンゴ)との関係でしょう。

これについては「放送をYoutubeでやれよ!」という意見が根強く出されていますが、以前の放送で青山Pがはっきりと否定していましたね。

リルティカ
色々と根が深そう・・・



そして、もう一つ大きな提携先がVジャンプ(集英社)です。

今回は、このVジャンプに関わる不満や問題点をまとめていきます!

①最新情報の「Vジャンプ先出し」問題

ドラクエ10のアップデート情報については、システム的な更新情報は別として、世界観や登場キャラクター、一部の新モンスターといった情報はVジャンプや週刊ジャンプといった集英社の雑誌で先行公開されることが通例になっています。

とあ
ドラクエ10に限らず、ドラクエ関係はみんなそうみたいだけどね。



これ、オフラインのドラクエであればそこまで問題ではないんですよ。

ですが、オンラインゲームであるドラクエ10に関しては話が別だと思います。

最新情報を一部のプレイヤーが先行入手することで、その情報の性質によってはバザーの買い占めなどで経済に影響を与える可能性も否定できません。

今のところは世界観や登場人物など、直接的には経済に影響しにくいと思われる情報が主ではありますが、やはり情報入手に関する「公平性」っていうのはある程度保障されるべきではないでしょうか。

ドラクエ10に限ってはこの通例を取りやめるか、あるいは最新情報に関しては本誌発売日と同時にWebで公開するといったような配慮が必要だと考えます。

②「Vロンヘルム」入手困難問題とその後の対応

これ、個人的には「おでかけすごろく」の出目問題より許せない問題だと思っています。

2019年5月に発売された「Vジャンプ7月号」に、インゲームアイテムの「Vロンヘルム」が付属していました。

Vロンヘルム

これだけだったら特に問題なかったんですけどね。

この辺は有名なので今さら説明する必要もなさそうですが、一緒に付録になっていた遊戯王カードがめちゃくちゃ強力なものだったせいで発売前から争奪戦に発展。

遊戯王プレイヤーや転売屋によって通販サイトは予約完売、店頭分もほぼ瞬殺という状態で、ドラクエ10ユーザーの間で「Vロン難民」が続出することに。

当然ながらこの件に関しては、Vジャンプ側から何らかの説明や謝罪、フォローといったアクションがとられるものだと思われていました。が。

何の説明もないどころか、その直後の6月上旬に放送されたDQXTV普段なら出しゃばってくる「Vの一族」が不自然な欠席。

翌月号以降に再度コードを付けるといったような救済措置も結局行われませんでした。

 

もっとも、大量購入した人たちの大半は遊戯王カードが目的だったため、Vロンヘルムのアイテムコードはヤフオクやメルカリといったサイトで100円以下の捨て値で販売されており、入手すること自体は難しくありませんでした。

ひでぽん
むしろ普通にVジャンプ買うより安上がりだったりしてな。



一部で「アイテムコードを売買することは規約違反ではないか」という指摘も挙がっていましたが、それを言うならきちんと欲しい人の手元に届くように供給しろよ、ということだと思います。

よろしければクリックおねがいします!

さいごに

ホントはまだまだ言いたいことがあるんですけどね。

「Vロンの盾」問題とか「Vロンコイン」問題とか。

ただ、そこまでいくとかなり私怨が入ってきちゃうので、この辺にしておきます。

アプデ明日!

怒り納めも済んだし、すっきりした気持ちで魔界に旅立ちたいと思います!

エスティア
まあ、アプデ前日にこんな方向でキレてるのはうちだけだろうね・・・

まー、気持ち切り替えていこう!
リルティカ



 

よろしければブログランキングへの応援をお願いしまっす!! 

ブログランキング

 

 

クリックで応援よろしくおねがいします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください