ドラクエ10、どのハードでプレイする?実体験によるそれぞれの比較

ぜひぜひクリックおねがいします!

どのハードでプレイしてますか?

2012年にWii独占でサービス開始したドラクエ10も、約7年が経過した今、さまざまなハードでプレイできるようになっています。

今からドラクエ10を始めようとしている人、ハードの乗り換えを検討している人、新パッケージの発売を機に復帰しようとしている人・・・

色々な事情の人がいますが、プレイする「ハード選び」に悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は・・・

ちょっと待ったぁー!!

!?



じゃーん
ここは、全機種レジストレーションコード登録の証!
スライムナイト帽子装備の私にお任せあれ!


っていうかアンタ、全機種はプレイしてないでしょ?

WiiとWiiUはレジコ登録しただけですけどね!
でも気にしないっ!

・・・




現在プレイできるハード

現在、ドラクエ10がプレイできるハードは以下の6つです。

Nintendo Switch
PlayStation 4
PC (Windows)
WiiU
Nintendo 3DS
dゲーム

しかし、下の3つに関しては残念ながらメインストリームからは外れています。

WiiU版は既にWiiU本体が生産終了していますし、3DS版とdゲーム版はクラウドコンピューティング技術を使用しており料金体系も他機種版とは大きく異なるなど、メインのハードとして利用するのは少し難しいのが実情です。

バージョン5

なので、今回は最新追加パッケージのディスク版が発売される「Switch」「PS4」「PC」の3機種に絞って解説していきたいと思います!

WiiU版もダウンロード版が用意されるから、
今後も継続してプレイすることは可能だけどな!


ちなみに私は・・・

私のメインアカウントはPS4版で始めて、現在はSwitch版に乗り換えてプレイしています。(状況に応じてPC版と使い分けてます)

そのため、一通りこの3機種はプレイしているので、自分の中での感触や経験をベースに長所短所をまとめていきます。

PS4からSwitchに乗り換えた経緯はこちらの記事を見てみてくださいね!


私がPS4版からSwitch版に乗り換えた理由

2019-05-25

Nintendo Switch版

リルティカ

いいところ

PC版(+WiiU版)と課金システムが共通
TVモード(据え置き)と携帯モードの使い分けが可能
起動からゲーム開始までが速い

いまいちなところ

ハードの性能が他2つと比べて低い
付属のジョイコンではやや操作がしづらい
専用機器がないと動画配信ができない

いいところ

PC版、WiiU版と課金システムが共通なので、これらの機種間であれば追加料金なしで使い分けることが可能です。

また、携帯機として気軽に外に持ち出せるのも大きな強みですね。

ポケットWi-Fiとかなくても、
スマホのテザリングで十分遊べます!


この頃日曜日に外出することが多く、待ち時間にSwitchをスマホのテザリングでネット接続して日課・週課をこなしていますが、かなり快適です。

さすがに人が多いサーバーだと重さを感じますが、途中で通信が途切れることもありません。

3時間くらいプレイしても通信量は70MB程度でした。

あと、スリープから復帰→ドラクエ10起動→ワンタイムパスワード入力→ゲーム開始までが3機種の中で一番速いと感じました。

いまいちなところ

やはり、現世代の据え置き機としては性能がやや低いことはネックです。

3機種経験していると、どうしてもSwitchは画質のランクダウンを感じてしまいます。

もちろん、プレイに支障が生じるレベルではありませんが・・・

「おま環」かも知れませんが、Switchでプレイしている時のみ、サポート仲間の出し入れ(参加/待機の切り替え)をしたとき、0.5秒とかそのくらいですが一瞬固まることがあります。

それと、付属のコントローラ(ジョイコン)だとやや操作しづらいという問題もあります。

私は無線接続の「Switch Proコントローラ」を使っています。

ソフト1本分以上の追加出費になるのは痛いところですけどね。

あと、他の2機種と違いSwitch単独では動画配信ができないところも人によっては厳しいところでしょう。

キャプチャーボードなどの機器を準備し、PCと接続するなどの手間があります。

全体的にバランスがとれてます!
携帯機感覚で寝転んでプレイしたければSwitchです!




よろしければクリックおねがいします!

PlayStation 4版

いいところ

据え置き機最高レベルのハイスペック
標準の「シェア機能」で動画の録画・配信が可能
トロフィー機能がある
PS Plus会員なら毎月特典プレゼントがもらえる

いまいちなところ

強制的に5キャラコースになる
課金プランが他2機種と独立している
PSNのメンテナンスが多い
PSNIDが強制表示される
DQXクレカの特典が受けられない

いいところ

据え置き機最高峰のハイスペックを誇るPS4。

マシンのスペックに左右されるPC版と違い、比較的安価で確実に最高クラスの動作環境を手に入れることができます。

PS4proにも対応しています!


また、PS4標準の「シェア」機能手軽にプレイ動画の撮影や配信ができることも人によっては魅力だと思います。

さらにPS独自のシステムである「トロフィー」機能も実装されています。

オンラインゲームのトロフィーは総じて無理ゲーなものが多いのですが、ドラクエ10に関しては比較的簡単にコンプリートすることができます。

ただし、PS4だけの機能になるため、便利ツールや他機種で条件を達成してもトロフィーは獲得できないのでそこだけ注意が必要です。

ちなみに、有料サービスである「PS Plus」に入会していれば、月に1回会員特典として「元気玉」が1個もらえます。

PSplus特典

毎月PS Storeからダウンロードする必要があります。

ドラクエ10のプレイ自体はPS Plusに加入してなくても可能です!!


いまいちなところ

諸々の大人の事情により、課金プランが他の機種とは独立しており互換性がありません。

他機種でプレイしている人がPS4でプレイしたい場合はPS4で改めて利用料金を支払わなければいけないし、逆にPS4で課金していても他機種で遊びたい場合は別途利用料金を支払う必要があります。

また、PS4版においてはコースが「5キャラコース」のみになります。

毎月の利用料金が強制的に1,500円になるので、お財布にとっては非常に痛い話です。

5キャラ倉庫など、5キャラコースの特典は利用できるので
まったく損ではありませんが・・・


あと、これはドラクエ10(スクエニ)側の問題ではないのですが、PSN(プレイステーションネットワーク)の障害発生・メンテナンスがやや頻繁に発生します。

発生時はPS4版でのログインや、DQXポイント(PS4版での利用料金決済に使うポイント)のチャージができない場合があります。

さらにPS4版の仕様として、ドラクエ10にログインする「スクエニアカウント」とPS4本体で登録している「SENアカウント」を紐付けする必要があり、PS4版でのプレイ中は自分のPSNIDが他のプレイヤーから見える状態になります。

PSNIDが確認できるのはPS4版のプレイヤー同士のみになりますが、あまりIDを見せたくないという人はいるかもしれません。

最後に、これが個人的に最大のマイナスなのですが、PS4版の利用券の購入は「DQXオフィシャルクレジットカード」の利用特典の対象外になります。

PS4版の利用権購入は、


①クレジットカードやPOSAカード等でPSNのウォレットにチャージ
②PSNのウォレットから「DQXポイント」にチャージ
③DQXポイントでPS4版の利用券を購入

という3段階の課金になるため、DQXクレカによる支払いの確認が取れないことが理由のようです。

据え置き機で画質を重視するならPS4がオススメです!

PC (Windows)版

いいところ

Switch版(+WiiU版)と課金システムが共通
(十分なスペックがあれば)最強のパフォーマンス
クライアント標準で多重起動機能が付いている
プレイ動画の録画・配信がしやすい

いまいちなところ

(十分なスペックがなければ)据え置き機に劣るパフォーマンス
(ハードとしてみると)高価
毎回パスワードの入力が求められる

いいところ

課金システムがSwitch、WiiUと共通なので、使い分けてプレイすることができます。

PC版はマシンのスペックにすべてが左右されますが、十分に高いスペックがあればPS4版をも凌駕する高画質でかつ安定した環境でプレイすることができます。

また、クライアント標準で「多重起動機能」が付いており、複数アカウントを所有している人には非常に便利な機能だと思います。

さらに、専用のソフト等の導入は必要ですが、PC版も単独でプレイ動画の録画や配信を行うことができます。

いまいちなところ

逆に、十分なスペックがなければSwitch版以下の動作環境となる場合もあります。

今のマシンであれば「まともに動かない」ということは
まずないと思います!


高スペックのマシンを準備できればいいのですが、やはり性能に比例して価格も高くなります。上を見るとキリがありません。

あと、セキュリティ上仕方ないのですが、毎回ログインの度にパスワードとワンタイムパスワードの入力を求められます。

据え置き機はパスワードの記憶機能があり、ワンタイムパスワードの入力のみでログインできるので、そこが少し煩雑に感じるかもしれません。

基本的にPC版でできないことはありません!
動画配信や実況プレイなど、なんでもござれです!


結論

やりたいハードでやるのがいちばん!

・・・ふざけてんの?



それはさておき、自分が今所有しているハード・マシンの中から検討するのがいいんじゃないかと思います。

据え置き機だと、もし持っていなければキーボードなどを買い足す必要がありますし、なるべく初期投資が小さくなる選択をするのが良いかと。

もし新規で購入を考えているなら、据え置き機だったら他にやりたいゲームがある方を選べばいいと思いますし、PCも値は張りますができるだけ高スペックのマシンを購入して損はないでしょう。

ブログ等をやる場合は、ほぼ必須となるスクリーンショット(画像)撮影はどのハードでもできるので、そこは問題ないと思います。

なんか両論併記ですっきりしないわね・・・

敵は作りたくないからね!
ノーモア宗教戦争!

まあ正直、はっきりとした優劣はつけがたいからな・・・






 

 

 

クリックで応援よろしくおねがいします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください